消防 消防団

俺たちは、自然災害に負けない!!毎年訪れる大雨大洪水被害避難時気をつけて被害を最小限に抑えよう!!

投稿日:

こんにちわ 光です!(@Everyone_0401)よろしくおねがいします。

今年も梅雨の時期になりましたね。毎日の雨で憂鬱の方もおられるかと思います。自分のもとにも洪水警報、大雨警報のメールが毎日のように来ます。

過去には、H27年9月の北関東豪雨やH30年7月には、全国的な豪雨被害がありました。今回は、豪雨のときの避難法や消防団活動など伝えていきたいと思います。

避難法

皆さんハザードマップって知ってますか?

ハザードマップとは、川の氾濫や土砂災害など危険を予測している地図です。無知の状態でいるともしそのような状況が起きた時に川の氾濫で橋を渡れなかったり土砂災害で道が通れないなど避難に大きな支障をきたしてしまいますのでハザードマップを事前に確認しておくことで逃げ遅れを防ぎます。

お持ちでない方は、市や自治体などで発行されているのでもらっておいていただきたいです。そしてある程度自分の住む地域の情報は、知っておく事で大雨時避難経路をいち早く判断することが可能になります。

大雨の時に洪水や浸水が発生した時は、次のことに注意してください。

1.川や用水路に近づかない

川や用水路は、大雨やダムの調整で水かさが増し、その周辺も水の勢いが激しく、激流に巻き込まれ死亡する例が多くありまた雨で側溝が見えず落ちて流されてしまう例もあるので気をつけてください。

増水の側溝、小1女児転落し流され死亡 滋賀・甲賀市 - 産経ニュース増水の側溝、小1女児転落し流され死亡 滋賀・甲賀市 - 産経ニュース 
2.アンダーパスは、くぐらない

アンダーパスとは、立体交差点や鉄道の下を通る道を言います。車などで侵入しそのまま水圧で車が動かなくなり死亡する例があります。

冠水に気がつかずアンダーパスに進入、女性が死亡…規制の内側から来る | レスポンス(Response.jp)冠水に気がつかずアンダーパスに進入、女性が死亡…規制の内側から来る | レスポンス(Response.jp) 
3.地下施設にいた場合は、地上に逃げる

地上で溢れた水は、勢いよく地下に流れ込みます。警備員の方などの指示に従い慌てることなく逃げてくだい。人を押し避けるように逃げていまうと怪我をしてしまう可能性がありますので落ち着いて逃げてください。

地上の気象情報は、随時確認しておいてください

4.山の斜面など急斜面のところには、近づかない

山など急な斜面は、雨により地盤が緩んでいますなので地すべりなど起こしそこに埋もれて死亡や通れなくなり逃げ遅れなどの事案が発生します

愛媛県内豪雨18人死亡 土砂崩れ・氾濫、12人不明|愛媛新聞ONLINE愛媛県内豪雨18人死亡 土砂崩れ・氾濫、12人不明|愛媛新聞ONLINE 
5.浸水が激しく(50cm以上)避難所に避難が難しい場合は、無理に避難せずに近くの頑丈な建物か自宅にとどまる

浸水が激しい場合は、逃げている最中に足を取られ怪我をしたり流されたりしていますので無理に避難をせずに救助を待ちましょう。山が近くにある場合は、斜面より出来るだけ離れ、できるだけ高い階に避難しましょう

6.服装は、ヘルメット、長袖、長ズボン、軍手、普段から履き慣れているくつ

豪雨で避難する場合は、風で木の枝などが飛んで来る恐れがありますのでヘルメットで頭を長袖長ズボンで体を防護しましょう。靴は、長靴では、動きづらいのでできるだけ履き慣れたくつで機動力をつけ逃げましょう

7.非常用物品は、リュックに入れて両手が塞がらないようにする

非常用のもの3日分の水や食料、衣類などは、リュックに入れていつでも両手が使えるようにしていると流されそうになった時にとっさに電柱などに掴まる事が出来てそのまま救助を待つことも可能です。

消防団の活動

大雨洪水時の消防団の活動を紹介していきます

 1.周辺地区の見回り

消防の指示により氾濫の可能性がある川を巡回を行います。その巡回で決壊箇所はないか、川に人が近づいていないかを見て回ります。

決壊箇所などがあったらすぐに土のうを作ったり避難誘導を行います

もし人が近づいていたらすぐに離れるようになど避難を促します。

2.土のう作り

見回りを行いもし決壊箇所や決壊しそうな場所を発見したら土のう袋に砂や土などを入れ土のうを作り洪水を防ぐために為を積み上げていきます。

私の所属している消防団では、最低年に1回は、水防訓練を行っています。

3.避難の誘導

消防車などで巡回し地域住民の避難を促したり逃げ遅れた方がいないかなどを確認しつつ避難誘導を行います。

備品のうきなどを使い時には、救助活動を行ったりもします。

参考になりましたらシェアして頂けるとすごく嬉しいです!!

 

⬇よければ他の記事も読んでください⬇

-消防, 消防団

Copyright© ワルタン.net , 2019 All Rights Reserved.